スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンでアマゾンの電子書籍を読むには

 ようやくWindowsパソコンでもKindleの本(Amazonの電子書籍)が読めるようになりましたね。
 あまり知られていないので、どうすればいいのかを紹介します。

 Kindle for PC というアプリをパソコンに入れるだけです。
 このアプリが使えるのは、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 を使っているパソコンです。

 インストールの仕方は簡単。
 Amazonのアカウントを持っていれば、本当にさっと電子書籍(Kindle本)を買って読めるようになります。

■インストールの手順です。

 Amazon.co.jp の[Kindle無料アプリ]をクリックします。
 あるいは、ここをクリックすると、ダウンロードできる画面が開きます。

以下は、環境によってすこし異なることがあります。(画像はWindows7のものです。)
画像が見えない時は、画像をダブルクリックしてください。別画面に画像だけが表示されます。

ダウンロードをクリック1みに 

 今すぐダウンロード をクリックすると、ファイルを保存するか尋ねてきます。

ファイルを保存みに

 赤矢印の所をクリックして、ファイルを保存します。

きんどるふぉーpcをダブルクリックmini

 ダウンロードされた「KindleForPC-installer.exe」をダブルクリックすると、セキュリティの警告が出ます。

せきゅ2mini

 実行をクリックします。

 しばらく待ちます。画面がいろいろ出ますが、インストールが終わるまで待ちます。

 インストールが完了すると、アプリが立ち上がり、登録画面が出ます。

インストールされると登録画面が出るmini


 ここに、すでに持っているAmazonのアカウントのEメールアドレスパスワードを入れてサインインすると、登録されます。

 登録が完了すると、Kindle本が買えるようになります。

登録完了するとkindle本を買いに行けるmini

 赤矢印の所をクリックすると、ブラウザが立ち上がり、Kindleストアに行きます。
 検索などで探し、
 買いたい本を選んで、購入をクリック!

購入をクリックmini


 購入をクリックし、手続きを進めて、購入します。赤丸の部分、配信先が出ているのに注目しましょう。

 購入し終わると、Kindle for PCへ という画面が出ます。

購入後mini


 Kindle for PCへ というところをクリックすると、Kindle for PCが立ち上がります。

 電子書籍が届くまで、通信速度などにより、しばらく時間がかかることがあります。

来ていますmini

 買った本がアプリに来ています。

 本を読む時は、表紙をダブルクリックします。


 読み終わったら、アプリの左上をクリックして終了します。
終了はmini

 終了した後も、デスクトップにアイコンができています。

アプリのショートカット

 次に使う時は、これをダブルクリックします。



 特別な端末も、スマートフォンも、タブレットも、持っていなくても、Windowsのパソコンで、Amazonの電子書籍(Kindleの本)が読めます。
 これで電子書籍読書デビューはいかがですか?




スポンサーサイト

自作宣伝はあまり好きではないけれど

 セルフパブリッシャー同士のゆるい交流組織として、昨年できた日本独立作家同盟で、月刊誌「群雛」(ぐんすう)を発行している。
 今回、せっかくなので、参加させていただくことにして、5月号既刊枠に『竜の銀行』のサンプルとインタビューを載せていただくことになった。
 昔のものを今頃というのは恥ずかしくもあるのだが、それ以上に、読み直して今にも通じるものがあると思えたから、あえて人に読んで欲しくなったということがある。

 お金のことを考えるか、理想の事を考えるか、夢の事を思うか。はたまた、その関係性に何かを想起するか。
 何を思うかは人それぞれだが、一読の価値はあると思う。
 よろしくお願いいたします。

BCCKS版(電子書籍と紙の本が買えます)
『竜と銀行』
http://bccks.jp/bcck/120858/info

Kindle版



編集者に最初に教えてもらった事

 電子書籍はすごく気軽です。
 ブログと同じように、書いたものをそのまま電子書籍の形にしてしまうことができます。
 まあ、同人誌もそうなのですが。

 小説を書き始めのころ、文学賞に応募していた時期がありました。
 高校生の頃でしたので、子どもを指導してくれようとしたのでしょう。その際に知り合った編集者さんから、いろいろ教えていただくことがありました。ありがとうございます。

 今では時代遅れ、と思わずに。
 まず、原稿用紙の使い方。
 …… は2マスを使う。
 「 は行のいちばん上のマスに入れ、次のマスから書き始める。
 !や?は、文中なら! とか? のように二マス使いで書く。会話文の最後に来るなら?」のようにニマスめに」を一緒に入れる。
 そういった基本的なこと。そして原稿用紙の紙の束のまとめ方。

 原稿となるものを書くなら、最低守らなくてはいけなかったルールに類するもの。
 今では、ほとんど紙は使いませんが、電子的な入力でも、やはり原稿にはルールがあるのです。
 …… は、三点リーダー「…」を二個。
 会話の冒頭は、改行して一番はじめに「
 !や?は、文中なら! とか? のように間をひとマス空ける。

 そのほうが読みやすいと、積まれてきたものは、電子になっても同じだと思うのです。
 あまり硬く考えすぎず、書きたい勢いなどで多少変えることはあってもいいと思いますが、やはり、人に小説・文学として読んで欲しいなら、それなりの表記ルールは覚えておいたほうがいいでしょう。
 編集者の手を入れずに作れるようになっても、電子書籍も本である以上、日本語として読みやすいにこしたことはありません。




パブーでもBCCCKSでも、電子書籍は簡単に作成可能

 昨日は電子書籍について、童話の学校様でお話しさせていただいてきたのですが、そう難しく考えすぎなくても、もっと気軽に、ネットへの発信をするのと同様ぐらいのスキルで、電子書籍は作れるのです。
 横書きであるという難点はおけば、ブクログのパブーなら、使い勝手はブログ並みの手軽さで、電子書籍にもすることが出来ます。
 課金すればKindleへの配信もできます。
 印刷価格は高すぎると思いますが、パブーでもオンデマンド印刷することが可能です。
(印刷したものを一冊単位で売ってくれる機能はありません)

 BCCKSだと、パブーよりも使い勝手に癖はありますが、電子書籍にする、データを流し込んで紙の本を作る、販売するが簡単に出来ます。
 電子書籍はその場で読めますが、紙の本は、日曜までに注文で翌金曜日発送のため、到着までに一週間ぐらいかかります。

 自分の本を作ってみたければ、いまや、あっという間に作ることができるのです。
 まったく、進歩しました。

BCCKSで新書版の本を作成してみました:レポート

 BCCKSを使って、電子書籍と同時に紙の本も作れるというのでやってみました。

『竜と銀行』
http://bccks.jp/bcck/120858/info

 作品自体は旧作ですが、捨てがたくて、ドラゴンが出てくることもあって『ホビットの冒険』が映画化されていることでもあるし、現代にどこか通じるところもあると思って、恥ずかしながら表に出す事にしました。
 出資を求めるために、ヘリコプターに乗り、竜を説得にむかう実直な銀行員。竜は町にやってきて…… という、奇妙な味のファンタジー。
 1988年頃に書いた400字詰50枚ほどの作品を若干読みやすくして入力したもの。変わったものを読みたいときに。

 BCCKSで新書版サイズで本を作成してみたところ、

 表紙方向からの写真
表紙方向から

 横方向。くるみ製本で、無線とじ、ペーパーバックです。
横方向から

 流し込みで指定できないのですが、ノドは開きに対してやや少なめで少々苦しくなっています。
 もう少し、余裕が欲しいところですね。
のどのひらき


 Kindle版は昨年作ってみました。



 同じ画像を使っているのですが、電子画面で見た場合と印刷した場合の色の違いにも注目。
 印刷は色が沈みます。RGBカラーとCMYKカラーの違いですね。
プロフィール

SUIKO_S

Author:SUIKO_S
ようこそ!
ここはSUIKOこと、八木原一恵のブログです。
電子書籍、電子出版に挑戦中。
ファンタジー、中国神怪小説愛好者。
著書:集英社文庫版『封神演義』(編訳)他。
Amazon著者ページ



電子書籍刊行しました。
『封神演義』Kindle版←『封神演義』Kindle版 紹介ページへのリンク。本の他に表紙画像を使ったグッズもあります。
『仙侠五花剣1』←でじたる書房へのリンク。
気軽に読める中国古典ファンタジック武侠エンターテインメントという感じの内容。立ち読み、体験版あり、ご笑覧ください。
↓こちらはブクログのパブーへのリンク
『仙侠五花剣1』
↓こちらはテスト販売中(iPhone,iPad,Kindleにも対応版 テスト販売中、試し読みあり)
『仙侠五花剣1』←リンク
パブーのアカウントからは、その他もあり。
KDPをビジネスにつなげる60の方法←Amazon KDPから刊行

Eエブリスタで『薊花(けいか)』←リンク 連載開始しました

『竜と銀行』ドラゴンの出てくる奇妙な味のファンタジー BCCKSへのリンク→竜と銀行(電子書籍も紙もあります)
 Kindle版へのリンク→竜と銀行

最新刊『妖がささやく』
★電子書籍版

★紙の本

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。