スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像をはるかに超えるニッチさ

 神怪小説に関して、いくつかの作品を調べてみたところ、未だに、「えええっ、これも見つからないのーっ!!」というレベルで日本語訳がなくて愕然としました。
 日本における中国古典通俗小説のほとんどは、想像をはるかに超えるニッチさのようです。

 まあ、封神演義だって、きちんとした訳注付きの完訳がないぐらいだから、当たり前かもしれません。

 とはいえ、これはもっと多くの人に気軽に読んでほしいなあ…… というものが少なからずあります。
 学者の訳注付きの訳はのぞめないまでも、もう少し気軽に。

 過去、何度か企画を持ち込んではきたのですが、もともとのものが日本での知名度が低すぎる。作家も有名でない。などといわれて、その都度、企画がボツになってきたのでした。

 つまり、今まで訳されてこなかったのは、出版しても絶対に採算が取れないから。小部数だと高価になり、それでは買って読む人がいない、そもそもすごくニッチ。読みたければ原文を読めてしまう人しか読みたがっていないのかもしれない。あれこれかれこれと考え続けていたのですが、

 ここまできたら、あとは、やるかやらないかだ、の域に達しました。

 好きなものを訳して、翠琥出版に持ち込んでしまうなり、個人的に自己出版するなり。
 採算は無理なボランティアでも、読んでみたい人はきっといるはず。というか、もっと読まれていいと思うというか、もっと読んでほしいというか。

 地道な時間ばかりかかる作業ですが、神怪小説・ファンタジー好きとして、象にかじりつく蟻のようにして原文にむかうことにします。

 ああ、『仙侠五花剣』の続きもやらないといけないですね。
 何度も失敗をくりかえしてきた電子出版ですが、Kindleで、少なくとも販売網的には十分に広くなった気がします。今までの失敗は、サイトごとに囲い込みがひどく、登録が面倒で支払いに抵抗がある、いちいちの変換が面倒あるいは、変換できないため、読みにくかったという点が大きいので。
 パブーはそこそこだと思うのですが、やはり縦書きが出来ないのが気になり、また、ここまでニッチな需要にはサイトの知名度、検索の点で対応しきれていない感がありました。

 電子出版によって、ニッチであっても、出版できるようになった、垣根が下がった事に感謝しつつ。
 後は、日々の積み重ねですね。

 今度こそ本命? の思いです。




スポンサーサイト

瓶に詰めた手紙

 ブログのテンプレートをどれにしようかと探していたときのことだ。
 画像を使いすぎて重くするのはやめたかった。しかし、何もなしも淋しい。
 いろいろ見ていたら瓶に詰めた手紙を思わせるテンプレートがあった。

 瓶に詰めて海に流された手紙には心にふれるものがある。
 脈絡もなく、夭折したマンガ家の花郁悠紀子さんの作品に、故人の文が書かれた順番とも関係なく届いて… というのがあったのを思い出した。

 これからブログで、ささやかな駄文を、膨大な量の情報の海に流すことになるということへの何かを思ったのだと思う。
 この手紙は、情報の海をただよって、どこかに流れ着くかもしれないし、消えてしまうのかもしれない。

 だが、幾日幾月幾年先かは知らないが、見つける人はあるだろうし、気になったら拾う人もいるだろう。

 そんな、あてのない手紙のイメージがふさわしく思えた。

 だからこのブログには、瓶に詰めた手紙を思わせたコルクの栓のテンプレートを使うことにした。

 現段階では、ワインのイメージとは関係なかったりする。

どうもありがとう

【山下書店発行 リーフレット】 本の細道 9月15日号  テーマ “山”から考える ③

 こういうのを見つけると、すごく嬉しい。
 本を作った側としていただける最高の対価のひとつをいただきました。

「自分の意志で読んだ初めての長編小説」というあたりでもう、ぐっときてしまうのです。
 しかも、10才の時に。ああ、そしてそれから本好きになっていただけたのだとしたら、それほど嬉しいことはないのです。

 どうもありがとう。

好きな本・好きな本屋を応援したい、そして絶版を嘆く前に

 特に支障がなければ、なるべく気に入った、実際に店舗を持っている書店を利用したい。品揃えのいい書店や、近所の書店に、少しでも長く存続していてほしいと思うからだ。
 そして、リアル書店で是非してほしいことがある。

 気に入った本がネット書店で注文できなくなっていたら、リクエストすることだ。
 大手ネット書店とリアル書店の大きな違いは、このリクエストを扱うかどうか。

 ネット書店は出版社によっては、在庫が品切れしたら、次を入荷しない。多くのネット書店は、出版元の手持ち数がへると注文できなくなる。注文を入れてもらって再版をうながし、次の入荷を待つような数週間以上下手をすると数年かかるような非効率な販売はしようとしない。
 ネット書店側にしてみれば、まだなのと苦情をいわれるなど、トラブルのもとにもなるからだ。

 これは、価値は高いのに興味を持つ人が少なめな本が、初版で絶版になってしまうのを助長しているともいえる。
 特に専門書や、特殊分野や、新人作家、文芸系など、気に入った本・好きな本・欲しい本がネット書店で注文できなくなっていたら、是非、リアル本屋でリクエストして、再版をうながしてほしい。リクエストで注文がたまれば、出版社もその本が欲しがられていることを認識し、再版されやすくなる。

 絶版になってからの再版は、簡単ではない。まず、自分がほしいと思う本の絶版をふせがなければ。

 絶版を嘆く前に。まずリクエスト。

 できるだけ、本を大事にしているリアル書店を使って、少しでも長く存続できるように応援したい、応援してほしい。

 そして、ネット書店側には、再版未定の本についてのリクエストボタンを、最低用意してほしいと思う

多様性を愛すること

 何も生物多様性のことだけではない。
 世の中には、いろいろあるほうが楽しいと思っている。
 同じ事をテーマに書いてあっても、人それぞれ着目点も、書き方も異なる。
 だから面白い。

 とはいえ、三国志のように同じことばかりが取り上げられていると、それはそれで多様性が失われているというものではないだろうか。
 もっといろいろあっていいのだ。

 ただし、この世を豊かにする方向でと、よけいな一言をつけたくはなる。

プロフィール

SUIKO_S

Author:SUIKO_S
ようこそ!
ここはSUIKOこと、八木原一恵のブログです。
電子書籍、電子出版に挑戦中。
ファンタジー、中国神怪小説愛好者。
著書:集英社文庫版『封神演義』(編訳)他。
Amazon著者ページ



電子書籍刊行しました。
『封神演義』Kindle版←『封神演義』Kindle版 紹介ページへのリンク。本の他に表紙画像を使ったグッズもあります。
『仙侠五花剣1』←でじたる書房へのリンク。
気軽に読める中国古典ファンタジック武侠エンターテインメントという感じの内容。立ち読み、体験版あり、ご笑覧ください。
↓こちらはブクログのパブーへのリンク
『仙侠五花剣1』
↓こちらはテスト販売中(iPhone,iPad,Kindleにも対応版 テスト販売中、試し読みあり)
『仙侠五花剣1』←リンク
パブーのアカウントからは、その他もあり。
KDPをビジネスにつなげる60の方法←Amazon KDPから刊行

Eエブリスタで『薊花(けいか)』←リンク 連載開始しました

『竜と銀行』ドラゴンの出てくる奇妙な味のファンタジー BCCKSへのリンク→竜と銀行(電子書籍も紙もあります)
 Kindle版へのリンク→竜と銀行

最新刊『妖がささやく』
★電子書籍版

★紙の本

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。