スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封神演義訳注未満

 集英社文庫版『封神演義』は、原書の『封神演義』を理解しやすいように訳してあるものです。

 たとえば、三十三章のはじめのあたり、馬元の顔を「うりのようなごつごつした顔」としていますが、原文は「面如瓜皮」(原書六十回)の四文字です。

 意味を理解するには、中華圏での瓜のイメージを理解することが必要です。

 日本では「瓜」というと、緑色でつるりとしたイメージ、瓜子姫のイメージなどが重なり、つるりとしていてかわいらしいというイメージになります。

 しかし、中華圏の瓜のイメージは、「ごつごつしている」「あばた面」、つまり、日本でいうと、だいたいゴーヤ(レイシ)のイメージでとらえる必要があります。

 読みにくくならないで理解できるようにと配慮して、理解の助けになる言葉を足して訳してあるのです。

 章末などに訳注を付けた翻訳ではないですので、このあたりでご容赦願いたいという選択でした。
 この抄訳のスタンスは、原書の内容を大きくそこなわず、読みやすくというものでしたので、こうなっています。

 徒然なるままに集英社文庫版『封神演義』の事を思いだしてみました。余談です。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

封神演義の詩は

『封神演義』の詩の部分をどう翻訳するかには頭をかかえてしまいます。  原文を書き下しにしたのでは意味不明であったり、話の先まで書いてしまっていて興をそいだり、えんえん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SUIKO_S

Author:SUIKO_S
ようこそ!
ここはSUIKOこと、八木原一恵のブログです。
電子書籍、電子出版に挑戦中。
ファンタジー、中国神怪小説愛好者。
著書:集英社文庫版『封神演義』(編訳)他。
Amazon著者ページ



電子書籍刊行しました。
『封神演義』Kindle版←『封神演義』Kindle版 紹介ページへのリンク。本の他に表紙画像を使ったグッズもあります。
『仙侠五花剣1』←でじたる書房へのリンク。
気軽に読める中国古典ファンタジック武侠エンターテインメントという感じの内容。立ち読み、体験版あり、ご笑覧ください。
↓こちらはブクログのパブーへのリンク
『仙侠五花剣1』
↓こちらはテスト販売中(iPhone,iPad,Kindleにも対応版 テスト販売中、試し読みあり)
『仙侠五花剣1』←リンク
パブーのアカウントからは、その他もあり。
KDPをビジネスにつなげる60の方法←Amazon KDPから刊行

Eエブリスタで『薊花(けいか)』←リンク 連載開始しました

『竜と銀行』ドラゴンの出てくる奇妙な味のファンタジー BCCKSへのリンク→竜と銀行(電子書籍も紙もあります)
 Kindle版へのリンク→竜と銀行

最新刊『妖がささやく』
★電子書籍版

★紙の本

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。