スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音声入力ソフト(ドラゴンスピーチ)使用感レビュー

  音声入力ソフトのドラゴンスピーチを買ってみた。
買ってみてすぐに、付属していた簡単なトレーニングをし、そのまま喋るだけでこのように入力できている。
かなり認識の性能が良いまるただしてん句読点などの認識が少し弱いようで、細かい部分が色々と面倒くさい。
入力できた文をてんそのままアップしてみるとこのようだ。

つまり、それなりの手間をかけなければてん細かい部分までは行き届かないということだ。まぁ仕方がないまる
これからトレーニングをしていくと、もっともっとすんなりと入力できるようになっていくのかもしれないまる

肩こりの軽減というのが買った理由の1つだったが、そこまで辿り着くかどうかはまだ分からないまる
いずれにしても、ここまで音声認識が進んでいるというのにはびっくりした。

あと気になるのが、起動認識しはじめの遅さまた動きが不安定なのもやや気になるまる
どの部分に使ってどの部分に使わないかというような、使いこなし次第という気もする。




アマゾンPODの実力

 amazonPOD、つまりアマゾンのプリントオンデマンド本の実力のほどは?

 表紙カラー、中身白黒のペーパーバック版しか対応がないが、印刷もきれいで紙質もしっかりしていて納得の出来る出来でした。
 写真は齊藤飛鳥『おコン絵巻 お澄ヶ淵の大蛇』オンデマンド版。B5サイズ。

 表紙 カラーの色はきれいに出ている。pp加工あり。紙の厚みもわりとしっかりしている。表紙の紙の厚みは、文庫本の表紙と同じぐらい。カバーがあるとさらにいいと思うが、ペーパーバックとしてはこのあたりだろう。
表紙

 裏表紙 バーコードが入る。
裏表紙

 背表紙 文字もしっかり入る。12ミリ前後ぐらい。
背表紙

 横方向から くるみ製本、無線とじ 製本はしっかりしている。
横方向から

 イラストページ 白黒だが、印刷もきれいで問題なし。紙の色はクリーム。(白もあるようです)
イラストページ

 のどのひらきも十分で読みやすい。
のど

B5 202ページ 本体価格1800円+税 オンデマンド印刷は価格がどうしても高くなるので、このあたりなら十分。


 全体評:アマゾンプリントオンデマンド(amazonPOD) 満足です。
 しいていえば、中身カラー対応とか、表紙ハードカバー対応とか、いろいろありますが、それを規定することで価格を抑えていると思うので、これだけできれば、読むには十分です。コンテンツ重視の本であれば、必要十分。おすすめできます。










facebookのユーザーネーム変更ができなかったのが解決

 いろいろ使いきれなくて放置ぎみなのですが、フェイスブックのユーザーページのユーザーネームを設定したほうがいいといわれて、やってみました。
 ところが、
https://www.facebook.com/username
から設定しようとしても、そのユーザーネームは使えます、変更しますかという質問に、「承認」をしても、読み込み中で止まってしまってうまくいきませんでした。

 何度やっても同じ。

 ブラウザを変えてみても、フラッシュプレイヤーを更新してみても、キャッシュをクリアしてみても、すべて「読み込んでいます」で止まってしまって、だめでした。

 翌日に試しても、同じ。
 困っていたら、こんな解決方法がありました。

 自分のフェイスブックユーザーページにログインし、右上の▼から[設定]
 [一般アカウント設定]の[ユーザーネーム(ユニークURL)]を[編集]

 ここから、ユーザーネームを変更する事ができました。

https://www.facebook.com/yagihara1

↑ 変更できました。

 同じような症状で困っていたら、試してみてください。



これは便利、「読めるブログパーツ」:レポート

 BCCKSで「読めるブログパーツ」というのがリリースされたので、さっそく試してみる。

 普通のブログパーツ↓



 読めるブログパーツサイズ小(iPhone表示用)↓


竜と銀行』 八木原一恵著

 読めるブログパーツサイズ サイズ中↓


竜と銀行』 八木原一恵著

 読めるブログパーツサイズ大 版型実寸↓(注:この本は新書サイズです)


竜と銀行』 八木原一恵著

 このブログだとサイズ小(iPhone表示用)ぐらいが丁度よさそうです。
 しかしこれは、かなり便利ですね。本当に本を立ち読みする感覚で読めます。

 ごゆるりと、お立ち読みをどうぞ↓


竜と銀行』 八木原一恵著










ファンタジー翠琥出版プロジェクト(すいこしゅっぱん)facebookページ

ファンタジー翠琥出版プロジェクト(すいこしゅっぱん)のfacebookページが出来ました。

ファンタジー翠琥出版プロジェクト(すいこしゅっぱん)のfacebookページへのリンク

 さっそく 「いいね!」

 輪が広がるといいですね。

 電子出版は、なんといっても、小部数で採算が取れるので、こまわりのきく出版といえます。
 今までできなかったようなニッチな出版ができるようになったわけで、これからどう広がるのか楽しみです。
プロフィール

SUIKO_S

Author:SUIKO_S
ようこそ!
ここはSUIKOこと、八木原一恵のブログです。
電子書籍、電子出版に挑戦中。
ファンタジー、中国神怪小説愛好者。
著書:集英社文庫版『封神演義』(編訳)他。
Amazon著者ページ



電子書籍刊行しました。
『封神演義』Kindle版←『封神演義』Kindle版 紹介ページへのリンク。本の他に表紙画像を使ったグッズもあります。
『仙侠五花剣1』←でじたる書房へのリンク。
気軽に読める中国古典ファンタジック武侠エンターテインメントという感じの内容。立ち読み、体験版あり、ご笑覧ください。
↓こちらはブクログのパブーへのリンク
『仙侠五花剣1』
↓こちらはテスト販売中(iPhone,iPad,Kindleにも対応版 テスト販売中、試し読みあり)
『仙侠五花剣1』←リンク
パブーのアカウントからは、その他もあり。
KDPをビジネスにつなげる60の方法←Amazon KDPから刊行

Eエブリスタで『薊花(けいか)』←リンク 連載開始しました

『竜と銀行』ドラゴンの出てくる奇妙な味のファンタジー BCCKSへのリンク→竜と銀行(電子書籍も紙もあります)
 Kindle版へのリンク→竜と銀行

最新刊『妖がささやく』
★電子書籍版

★紙の本

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。